スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
息子vsママ
昨日のお昼頃の事です。。。...φ(´ー`*)
家の事をごそごそとしていたちーmama、
子供たちが思い思いに遊んでいたので、
ほかって家事に集中していたところ。。。。ヘ(;^^)ノ。

ふと気が付けば、娘Aちゃんが泣き騒いでいました。
。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 ウワァーン!!

聞けば、「お兄ちゃんが一緒にwiiで遊んでくれない(ノ△・。)」
とわんわんないている妹をよそに、
無関心に、PSvitaをひたすらやり続けている息子Sくん。。。( ̄_ ̄ )。o0○
さてどうしたものやら。。。と思いつつも<(´ロ`')o

とりあえず、Aちゃんには、自分の都合だけを押し付けないことを悟し
Sくんには、Aちゃんも悪いけどお兄ちゃんやで、
少しくらい付き合ってあげたら?と伝えました。。。(o^-')b

それでもシラーっと返事をするわけでもなく
無視して、ゲームをやり続ける息子の態度にイラッと来たちーmama。。。(ー'`ー;)

「人の話を聞いてるの?ρ(`D´#)」と聞いたら
「うん。(・o・)」と画面から顔も上げずに返事を返してきたので
「じゃあ、ママ、今何て言ったの?」と聞いたら
「忘れた!」と言うでありませんかーーーーo( ̄^ ̄o)彡

ちーmama:「お前、ふざけんな!!!ヾ(*`Д´*)ノ"」
とゲームを取り上げこんこんと説教開始。

ちーmama:「人の話を聞くってどういう事?」

Sくん:「他ごとしないで、ちゃんと相手の方をむいて聞く」

ちーmama:「うん。それは当たり前なこと!
人の話をちゃんと聞くってどういう事?」

Sくん:「最初から最後まで話をキチンと聞く。。。」

ちーmama:「そうだね。それも大事!っていうかそれらは、すべて聞く姿勢であり、
マナーとして当たり前なこと!」

Sくん:「。。。もうわからない!!!(((p(≧□≦)q)))」
と逆ギレ&ゲームをとられて泣き喚くSくん。。。

そう。。。息子の答えは間違っているわけではない。。。
でも、最近「ギャングエイジ」といわれる年になってから
返事はしない。人の話をいい加減に聞いてる。
それでいて、後で
「知らない」「聞いてない」「そんなこと言ってなかったやん」
の連発ばかり。。。が多いので、 
「何て言った??」と聞き返すようにしているちーmama&パパさん。

そしたら、今回の「忘れた!」というのは、久々でしたが、(;-_-) =3
大概は、私たちの言ったことを1字1句違わないように
答えを返そうとしてきたり、していました。
その度に、
ちーmama:「ママは、言った事を間違わずに言い返してと言ってるんじゃないの!
伝言ゲームじゃないんだから。。。
人のお話している内容を、この人はこういうことが言いたい&言ってるんだな~と
話の内容を理解して、自分の中に落とし込みなさい!
で、どういう事を言ってるのか、Sくんなりの伝え方で良いから話して!」
と言ってきたのですが。。。(-"-;A ...

これがSくんにとって、苦手らしい。。。
そう、彼は、人が話をしているのを聞いても、
自分の中に落とし込んで聞くことが苦手である。。。
こう言っていた的な話をするときも、話の全体をとらえず聞きかじってくるから、
こちらが後で話を聞いても「???」と矛盾を感じたり、
言ってることが把握できなかったりする。。。
それでも理解しようと「こういう事なの??」と疑問を返せば、
「それは言ってなかったでわからん!」とか「ん~知らない」との返事もしばしば。。。
┐(-。ー;)┌
 
よほど娘Aちゃんの方が、「多分こういうことなんだと思う(⌒o⌒)b」なぞと
状況を理解してお話してくれる。。。

何しろSくんは、パパさんが怖い。。。(≧◇≦)
とにかく違うことを言ったら怒られると恐れてるので、
そういった「今、何ていったの?」という時などは、
内容がどうこうより、間違えずに言える方が大事だったんだと思います。(_ _。)
最初は、言った同じ事を返してくるので、理解したのかな~と安心していたのですが、
実は、それは何も考えずに、こちらが言ったまんま、
ただ言葉を繰り返しているだけってことに
このごろになって、気づきました。Σ(・口・)

そうさせてしまったのは、私達自身なんだと反省しつつも、|||(-_-;)||||||
最近は、「Sくん自身の言葉で」を伝えるように心がけていました。

だいぶ話がそれてしまいましたが。。。(笑)
そんな経緯も踏まえたところで、今回の騒ぎです。(^^;)

ちーmama:「わからん!じゃなくって考えてごらん?
人の話を聞くときはどうしなさいって、いつもママ言ってるかなぁ??」

Sくん:「ママがもう1度言ってくれたら答えれる」

ちーmama:「そういう事じゃなくて、Sくんなりに思ったことを言ってごらん。」

Sくん:「だから、わからないって!言ってくれないならわからないやん!!」
とのやりとりが数回。。。

何とか、Sくん自身に言わせたいちーmama。。。もう少し粘ってみるか。。。(笑)

ちーmama:「じゃあ、人の話を聞くときは、一字一句違わずに暗記するのでなく、
何が大事?どういう事が大切ってお話してたっけ?」

と言ったら、ピンときたしたり顔で(笑)
Sくん:「大事なことを落とさないで聞く!!!v(≧∇≦)v 」

。。。う~~ん??これはOKにするべきか。。。
ん~いい加減にSくんとのやり取りに疲れてしまったのもあって
少し、そろそろ終わりにしたかったちーmamaでしたが(笑)
あえて、もう1回!(*^m^)b

ちーmama:「うん。それも大事やね。良い言葉出てきた♪
でも大事なことを落とさないで聞くには、何が大切かな?」

もうこれでOKだろうと思っていたSくん。。。
テンションがめちゃ下がるどころか、かれの引き出しはもはや空っぽ。。。(笑)

またもや、うちひしがれて、|||||/(=ω=。)\ガーン|||||

Sくん:「ほら結局ダメやんか~もう全然わからん!!!」
と床に泣き突っ伏してしましました。

ちーmama:「ダメとかそういう事じゃないよ。今、ママは良い言葉出たな~と思ったもん。
でも大事なことを落とさないっていうのは、つまりどうしたらそういう事が出来るかな?」

Sくん:「。。。人が話してることがわかるようにする」

おし!!出た出た~♪
と心の中でにんまり。。。(^ー^* )

ちーmama:「おぉ~それそれ!その人が何を自分に伝えたいのか
自分の中でわかるようにする!理解するっ!ね!これってすごく大事な事だよ。
それでも理解できなかったり言われてる事がわからなかった時は、
こういう事?と確かめるの。まぁ、ママも出来ない時あるけどね(笑)
でも人とかかわるってそういう事だよ。
人が話してくれてるのに、何にも聞いてなかったら&理解してなかったら
意味無いよ!失礼やしね(^^)b」
と話してお終いにしました。

でも、自分でもこうやって打ちながら振り返ってみると。。。
やっぱり、こちらが思ったように答えないといけないって
教えてしまってますかね??(;´▽`A``
子育てってほんとに、自分も問いただされて、修行のよう。。。
息子ではありませんが、正解がないのって難しいですね。。。(笑)(T-T*)

さてさて、ひょんなことから、Sくんと熱く揉めてしまったわけですが、
もともとの原因となった娘Aちゃん。。。
Sくん&ママが揉め出したのを見て、
最初こそ、二人の様子を見ていたものの| |д・) ソォーッ…
いつものパターンで長引くとふんだのか、
気がつけば、ちゃっかり一人でwiiで遊んでいました。(*^-^)ノノ
さすが、下は違いますね(笑)

結局Sくんは、とばっちりをうけちゃった形になりました!(〃´o`)=3

息子よ!お前もたくましくなれ!!!(笑)p(*^-^*)q

スポンサーサイト

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

【2012/01/22 16:12】 | 育児 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<いちご(開花) | ホーム |
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smallhappy.blog48.fc2.com/tb.php/3-fd4def8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ちーの小さな幸せ探し


日々の生活で、”幸せを感じること”を忘れないように。。。 小さな幸せ探しを始めてみます。

プロフィール

ちーmama

Author:ちーmama
*家族構成*
 ♪パパさん
 ♪ちーmama
 ♪息子Sくん(8歳:小学3年生)
 ♪娘Aちゃん(6歳:年長さん)
 ♪娘Sちゃん(2歳11ヶ月)

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ちーmamaの登録サイト

懸賞・小遣い ちょびリッチ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。